体験レッスンお申込み

お問い合わせから体験レッスンまでの流れ

493419307_custom

体験レッスン料について

ピアノ、声楽、ソルフェージュ、作曲、エレクトーン、幼児音楽、プライベートリ トミックではレンタル楽器料は掛かりません

体験レッスン料 30分レッスン

体験レッスン料 30分レッスン

3,742円(税込)

時間
30分
体験レッスン料
3,742円(税込)
スタジオ代
レッスン料に含まれております

ピアノ、声楽、ソルフェージュ、作曲、エレクトーン、幼児音楽、プライベートリ トミック以外で楽器持ち込み出ない場合にレンタル楽器代加算となります

体験レッスン料(レンタル楽器代込)30分レッスン

体験レッスン料(レンタル楽器代込)30分レッスン

4,342円(税込)

時間
30分
体験レッスン料+レンタル楽器代
3,742円(税込)+600円(税込)
スタジオ代
レッスン料に含まれております

体験レッスン(詳細)

下記について、可能な範囲で、お問い合わせの際やその他事務局とのやり取りの際などにでもお知らせください。また「体験レッスン」は予約制となっております。お問い合わせフォームよりご予約のご連絡をお願い致します。(もちろん、お電話またはメールなどでのお問い合わせも可能です。) お名前、ご連絡先など、(習いたい楽器または専攻がある場合はその旨)ご一報を頂ければ大丈夫です。折り返し、確認の連絡を致します。
下記はより詳細に体験レッスンをご調節したい場合や、ご経験者様の継ぎ目のないレッスン継続をご希望の場合などなどご確認頂ければとより体験レッスンを安心して受講いただけるかと存じます。
お問い合わせ|
|
|
|
メールフォームまたはinfo@kefali-salon.comへもお気軽にどうぞ。
とにかく習いたい。受講に興味があるなど。お名前、ご連絡先のご一報を頂ければ大丈夫です。
折り返し、確認の連絡を致します。
目的
受講理由
各種事情など
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|
入学に合わせ子どもに音楽を習わせたい』
披露宴までに奏でたい曲がある』
クラッシックには無縁だったが、どうしても自分で弾けるようになりたい』
楽譜も読めません。本当に初心者です。何を質問してよいかも。。。」
兄弟で習いたいのですが、同じ時間でレッスンできますか?』
親子で習いたい。私がバイオリンで、子どもにはギターを。』
『今、習っていますが、室内楽だけ参加したい。』
『近所にマリンバの教室がありません。教えてますか?』
『1ヶ月の帰国の間だけ、短期でレッスンを受けたい!』
以前、習ってましたが、また本格的に始めたい。』
それぞれに十人十色の受講目的/受講理由/事情が御座います。遠慮無くご相談ください。
純粋にただふと習いたいと思った、ドラマで見た、第九に感動した、、何でも結構です。
専攻/コースありきでは無くとも、「音楽に興味がある大事なお気持ち」をお伝え下さることで構いません。
楽器
専攻
|
|
|
習いたい楽器/専攻が決まっている場合は、事前にお申し出くださいませ。
決まっていない場合、その旨お伝え頂ければ、都度ヒアリングし、ご希望に沿う最適な専攻を複数ご提案致します。
曲目
楽譜
進度
|
|
|
|
ご経験者様などで、既にレッスン中であったり、過去にレッスンをされていた方、
また、曲目/楽譜/進度などが明確な場合は事前にお申し出くださいませ。
決まっていない場合、体験レッスン日にご経験等加味してその場で体験レッスン日の受講内容を設定致します。
もちろん初心者様/未経験者様も大歓迎です。遠慮なくお知らせくださいませ
体験レッスン料|
|
30分間 3,465円(税別)
3,742円(税込)
レンタル楽器料|
|
|
|
ピアノ、声楽、ソルフェージュ、作曲、エレクトーン、幼児音楽、プライベートリ トミック、
の各専攻では体験レッスン時の楽器利用料が無料となります。
それ以外の専攻科での体験レッスン時に楽器をご持参されない場合、
上記体験レッスン料+レンタル楽器料が600円(税込)が必要となります。
受講目的等がある場合は、遠慮無くお知らせくださいませ。

体験レッスンお申込み

体験レッスン申込みメールフォーム





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

カテゴリ(必須)

体験レッスンお申込みその他

お申込み、ご質問、または、お問合わせ内容(必須)

ケファリサロン[Kefali Salon] サテライト・ミュージック・スクール

スタジオ:東京都江東区 深川2-4-8
TEL.:03-5464-1472

お問い合わせ例

~下記は実際のお問合わせを趣旨が変わらないよう簡略化した問合せ集です。ご参考くださいませ!
「同じ質問の方がおられるんだ・・」また、類似の質問などをに触れて、ワッと伝えたい言葉が連なってくるかもしれません。習いたい/習わせたい気持ちがあるのにも関わらず何故かもう一歩踏み出せない。。。などなど。レッスンがスタートしたら一律で授業が開始されていくシチュエーションが想像つき難い。。。演奏できるようになった姿へとつながる現時点からの過程が想像し難い場合があろうかと思います。きっとそれは、今の自身の境遇がレッスンに合うかどうか、習っていく過程についていけるか、などなど、どうしても不安が拭えないのが原因の一つなのかもしれません。であれば、その境遇をお伝え頂くのも一つの方法です。お問い合わせ例が、問合せの糸口、切り口として、ご参考になれば幸いです。

お問い合わせ例を記載しました。

こちら